技術面接のために勉強しておくべきことは何ですか?

JavaScriptの基礎を「勉強」することも大切ですが、それ以上に「実践」することが大切です。

「勉強」から得られるものは、言語の構文とコード構造、データ型(オブジェクト、文字列、配列、関数など)に詳しくなることですが、実践から得られるものは、データ構造の操作方法に詳しくなる、複合的なタスクを論理的なステップで分解できるようになるなどのことを意味します。


具体的には以下の技術や知識を求めています。

  • 構文とコード構造
  • データ型(オブジェクト、文字列、配列、関数など)に精通しているか、またそれらの扱い方
  • 複合的なタスクを論理的なステップで分解する能力